読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRA-TRE

世界の絶景、世界遺産、人気海外旅行先、テクノロジー、トレンドなど幅広く紹介しています。

思い出をたくさんつくろう!卒業旅行にオススメの海外旅行先

f:id:howisitgoing44:20170206154241j:plain

高校・大学を卒業したら友達とは別々の道に進むという方も多いのではないでしょうか。大学入学する前や社会人になる前に気心知れた友達と思い出を作りに卒業旅行に行ってみてはいかがですか。そんな方にオススメの海外旅行先をご紹介。



スポンサーリンク



ハワイ🇺🇸

f:id:howisitgoing44:20170206152716j:plain
(C)Michael Oldemeyer

人生で一度は行きたい海外旅行先と言えば「ハワイ」。日本から飛行機で約7時間、時差は日本時間+5時間ー1日=ハワイ時間と時差ボケの心配も無いところにあります。
全米No1のビーチに選ばれた『天国の海』と称される「ラニカイビーチ」、カラフルな熱帯魚が泳ぐ大人気シュノーケリングスポット「ハナウマ湾」、ワイキキで最も有名なショッピングセンター「アラモアナショッピングセンター」などビーチで楽しく過ごすのも、ショッピングを楽しむのも、ホテルでゆっくり語り合うのも、なんでも楽しめるのがハワイです。

triview.wpblog.jp

howisitgoing44.hatenablog.jp




グアム🇬🇺

f:id:howisitgoing44:20170206153030j:plain
(C)Tyler McCall

日本から1番近い海外リゾート地「グアム」。成田・羽田・関空などの大きな空港だけではなく、地方の空港からも渡航が可能な人気のリゾート地です。グアムの海もハワイの海と同様に美しく、マリンスポーツ・シュノーケリングなど多くのアクティビティを楽しむことが出来ます。ショッピングよりもマリンスポーツなどのアクティビティを楽しみたい方はハワイよりもいいかもしれません。


オーストラリア🇦🇺

f:id:howisitgoing44:20170206152854j:plain
(C)Kaoz Media

先住民アボリジニが暮らす自然豊かな国「オーストラリア」。海外に行く際に1番費用が掛かる航空券もカンタス航空JALが共同運航する運賃の安いLCCジェットスター』で行けば節約出来るのも魅力のひとつ。
オーストラリア最大の都市シドニーには、オペラハウスやハーバーブリッジなどの観光スポット、マンリービーチやボンダイビーチなどの綺麗なビーチ、少し足を伸ばせば三姉妹の伝説が悲しい世界遺産「ブルーマウンテンズ」など見所満載!!オーストラリアに行くならはずせない、世界No1のサンゴ礁と綺麗なビーチがある世界遺産グレート・バリア・リーフ」や先住民アボリジニの聖地とされる地球のヘソ「ウルル(エアーズロック)」があり、最高の思い出がつくれる国です。

howisitgoing44.hatenablog.jp
howisitgoing44.hatenablog.jp




アメリカ🇺🇸

f:id:howisitgoing44:20170206153410j:plain
(C)Daniel

世界中の人が憧れる国「アメリカ」。多くの絶景が存在する国としても有名で、「グランドキャニオン」「アンテロープキャニオン」「ホースシューベンド」「イエローストーン国立公園」などがあります。アメリカに行くなら必ず行きたい都市「ニューヨーク」は、『人種のるつぼ』と言われるほど多民族都市、世界No1の都市には、ダイナミックで迫力のあるものが多く、たくさんの刺激を受けること間違いなし。映画好きや芸能分野に興味のある方には「ロサンゼルス」がオススメ!「Hollywood」の文字が印象的な「ハリウッドサイン」や数多くのハリウッドスターの名前が彫られた星型のプレートが埋め込まれた「ウォークオブフェイム」。そして、「ディズニーランド」や「ユニバーサルスタジオ」もあります。

howisitgoing44.hatenablog.jp


イギリス🇬🇧

f:id:howisitgoing44:20170205190010j:plain
(C)Lies Thru a Lens 

伝統と文化を大切にする誇り高き国「イギリス」。ブリティッシュイングリッシュに格好良さを覚え、ユニオンジャックにセンスを感じる国の首都「ロンドン」には、ロンドンのシンボル「ビッグベン」、「ロンドン塔」「バッキンガム宮殿」などの観光名所はもちろん、古着好きやアンティーク好きには堪らないショップが多くあります。ロンドンから電車で約1時間の場所には学問の街「ケンブリッジ」や「オックスフォード」があり、世界中の頭脳が集まっています。そして、はちみつ色の家が並び、「英国で最も美しい村」がある『コッツウォルズ地方』hsイギリスを訪れたら必ず行きたい場所です。

howisitgoing44.hatenablog.jp
howisitgoing44.hatenablog.jp



イタリア🇮🇹

f:id:howisitgoing44:20170206153715j:plain
(C)Shane Lin

世界で最も世界遺産が多い国「イタリア」。グラディエーターが闘った闘技場「コロッセオ」、あることをすれば願い事が叶うと言われる「トレビの泉」などがあるイタリアの首都「ローマ」や街全体が世界遺産に登録される美しい街「フィレンツェ」はイタリア旅行では欠かせない場所です。
他にも、「世界一美しい海岸」と称される「アマルフィ海岸」やおとぎ話に出てきそうな可愛らしい街「ポジターノ」など見所満載の国がイタリアです。
海外旅行の時に1番のストレスが食事です。イタリアはその心配もなく、日本人が大好きなパスタやピザなどがある食事も美味しいところです。

howisitgoing44.hatenablog.jp



スペイン🇪🇸

f:id:howisitgoing44:20170206155437j:plain
(C)Flavio Ensik

食事後はシエスタをする陽気な人々が暮らす国「スペイン」。2026年に完成する世界最高建築物「サグラダファミリア」、天才建築家ガウディのメッセージが込められた「グエル公園」、サッカー好きには堪らないFCバルセロナの本拠地「カンプノウ」などがある「バルセロナ」やスペイン王室の公的住まい「マドリード王宮」、常に行列ができるスペイン有数の美術館「プラド美術館」がある「マドリード」はよく知られていますが、マドリード郊外にある古都「トレド」や白い家や建物が立ち並ぶ美しい街「ミハス」、ヨーロッパでは珍しいイスラム宮殿「アルハンブラ宮殿」などもオススメ!!

howisitgoing44.hatenablog.jp



インド🇮🇳

f:id:howisitgoing44:20170206153909j:plain
(C)Akira Hsu

人生観が変わる国として多くのバックパッカーが訪れる国「インド」。多くのインド人が沐浴する生と死が隣り合う聖なる河「ガンジス」、亡き妃のために建てられた世界遺産「タージマハル」、大理石が多く使われたインド有数の観光名所「アグラ城」はインドを訪れたら必ず行きたい場所です。そして、インドを周遊した多くの旅行者が「1番良かった」と大絶賛するところがあります。それが南インドにある世界遺産「ハンピ」。ハンピは14世紀から16世紀ヴィジャヤナガル王国の都として栄え、イスラム勢力に滅ぼされるまで多くの寺院や王宮があった歴史的なところです。インド第3の都市バンガロールに近い「ヴァラナシ(ベナレス)」とは違う雰囲気のインド旅行初心者にオススメの場所です。

howisitgoing44.hatenablog.jp




南米

社会人になったら休みの関係などで行くのが難しくなる南米。行くだけで2・3日かかり、時間に余裕を持って行きたい場所です。長い休みのある大学生や就職が決まった学生などにオススメ!!南米には多くの「死ぬまでに見たい絶景」に紹介されるところがあります。

ペルー🇵🇪

f:id:howisitgoing44:20170206154057j:plain

世界七不思議」のひとつ天空の都市「マチュピチュ」、謎多き世界遺産ナスカの地上絵」、インカ天国時の首都であった「クスコ」など見所満載の国です。

ボリビア🇧🇴

f:id:howisitgoing44:20170206154241j:plain

ブラジル・アルゼンチン・ペルーに囲まれたラテンアメリカの国ボリビア。世界の絶景として多くのメディアで紹介される絶景の代名詞になってきた「ウユニ塩湖」があるのがこのボリビアです。
塩湖全体の高低差がわずか50cm以内という「世界で最も平らな場所」であるウユニ塩湖では、降った雨が流れることなく大地に薄く膜を張ることで、空を湖面に映し出す「天空の鏡」と呼ばれる神秘的な絶景が現れます。


スポンサーリンク