TRA-TRE

世界の絶景、世界遺産、人気海外旅行先、テクノロジー、トレンドなど幅広く紹介しています。

パリだけじゃない!! フランスに行くなら必ず訪れたいお勧め観光名所12選

image
(C)Yann Pinczon du Sel

「花の都」パリを首都とする華麗なる国フランス。パリだけじゃなく、モンサンミッシェル・ニース・ロワールなど中世の建物が綺麗に残るフランスは、食べ物、買い物、観光全てに満足できるため、海外旅行先として人気の国です。


スポンサーリンク



モン・サン・ミッシェルとその湾 / モンサンミッシェル

image
(C)Holger Torp

「西洋の驚異」と称され、湾に建つ世界遺産モンサンミッシェル」の景観は、美しいの一言につきます。カトリックの巡礼地であり、かつては多くの巡礼者が潮に飲まれ命を落としたため、「モン・サン=ミシェルに行くなら、遺書を置いて行け」という言い伝えがあったほど。



シュノンソー城 / シュノンソー

image
(C)Margo, just Margo...

「世界の名城25選」にも選ばれ、世界遺産にも登録された名城「シュノンソー城」は、フランス国内でヴェルサイユ宮殿に次いで2番目に観光客が多いお城です。城好きなら必ず行っておきたいフランスの名城です。

image
(C)Allen Castillo



シャンボール城 / ロワール

image
(C)Ih photo

フランス・ロワール=エ=シェール県のシャンボールにあるお城「シャンボール城」は、「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」として世界遺産登録されました。ロワール渓谷に点在する城の中では、最大の広さを持ち、フランス王フランソワ1世のために建てられた悠所あるお城です。

image
(C)Jose Dominguez



プロムナード・デ・ザングレ / ニース

image
(C)Clayton Jeffs

フランスはパリだけじゃない。フランス好きな人の多くが絶賛する南フランスには綺麗な街がいっぱい。そんな南フランスにあるニースは、地中海・コート・ダジュールに面する世界的に有名な保養地・観光都市です。イギリス人の遊歩道という意味の「プロムナード・デ・ザングレ」は、ニースを訪れた観光客が必ずと言っていいほど見に行く人気観光スポットです。サイクリングを楽しむ人々や赤ん坊と散歩する人々、そして家族全員で「プロムナード・デ・ザングレ」を散歩する姿が見受けられます。この場所はスケートボードをする人々やインラインスケートを楽しむ人達にとっても人気のある場所となっています。

image
(C)Allan Watt



ガルニエ宮 / パリ

image
(C)Wilhelm Chang Photograp...

フランスの首都パリにあるパリ国立オペラの公演会場のひとつ「ガルニエ宮」は、「エッフェル塔」「凱旋門」と並ぶパリの人気観光名所です。中世時代を感じられるこれぞヨーロッパと思える装飾は圧巻で、芸術の都市パリと言われる所以に納得の建物になっています。

image
(C)Justin Mier


エッフェル塔 / パリ

image
(C)rudy DIZ

エッフェル塔」は、「凱旋門」と並び花の都パリのシンボルとしてパリを訪れたら必ず行きたくなる名所です。あまりに奇抜な外見のため、建設当時は賛否両論分かれたそうです。しかし今では、世界遺産にも登録され、1889年の完成から2006年までに、2億人以上の観光客がエッフェル塔を訪れ、「エッフェル塔」は、世界でもっとも多くの人が訪れた有料建造物になりました。


凱旋門 / パリ

image
(C)benny78920

英語に訳すと"the Arch of Triumph"と格好良さがでるパリのシンボル「凱旋門」は、歌にもなったお洒落な通り「シャンゼリゼ通り」の西端、シャルル・ド・ゴール広場にあります。"the Arch of Triumph"を直訳すると「勝利の門」を意味し、アウステルリッツの戦いに勝利した記念に1806年にナポレオンの命と引き換えに建設が始まり、1836年に完成しました。惜しくもナポレオンは、凱旋門を目にすることなく死去してしまいましたが、改葬された時にこの門をくぐりました。


オルセー美術館 / パリ

image
(C)Flotw

オルセー美術館」は、「ルーブル美術館」と並びパリの2大美術館として美術作品好きだけでなく世界中の観光客が集まる人気スポット。ミレーの『落穂拾い』、ゴッホセザンヌゴーギャンなどが描いた名画が数多く展示されています。

image
(C)photoserge.com



ノートルダム大聖堂 / パリ

image
(C)Loic Lagarde

パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂「ノートルダム大聖堂」は、「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに世界遺産登録されています。ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」を意味し、聖母マリアを指しています。カトリック教の祭日、自然災害への被災者、大規模な事故の被害者に祈りを捧げるミサは、月~土曜【通常ミサ 8:00 聖歌隊ミサ 9:00 聖歌隊ミサ(7~9月上旬は不開催)(12:00、17:45、18:15)】日曜【08:30~12:45・17:45、18:30】に開催され、必見です!!


image
(C)A.G.Photographe



ヴェルサイユ宮殿 / パリ

image
(C)Karen Jacobson

フランス王ルイ14世が建てた「ヴェルサイユ宮殿」は、世界遺産に登録されたバロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園を持っています。世界3大美女のひとりマリーアントワネットも住んでいたとされ、少女マンガ「ヴェルサイユの薔薇」が人気だったため日本人には馴染みのある素晴らしい宮殿です。

image
(C)Thilbault CHAPPE


ディズニーランド・パリ / パリ

image
(C)Sara

アメリカのディズニー・ワールドや東京ディズニーランドとはまた違う楽しさのある「ディズニーランド・パリ」は、ヨーロッパ調でまとまった優雅な雰囲気とディズニーの世界感が上手く融合し、他の国のディズニー施設とは異なった独特の文化を築き、日々訪れる人々を楽しませています。可愛らしいピンクの色をした「眠れる森の美女」の城、「ホーンテッドマンション」などディズニーランド・パリにしかないオリジナルデザインです。

image
(C)Flo & Photo



ルーブル美術館 / パリ

image
(C)Abdulmajeed Al Juhani

ルーブル美術館は、パリにあるフランスの国立美術館です。世界最大級の美術館であるとともに世界最大級の史跡のひとつです。世界遺産「セーヌ河」の右岸に位置し、毎年800万人の入館者が訪れます。ルーヴル美術館は、フランス王フィリップ2世が12世紀に、もともと要塞として建設したルーヴル城(ルーヴル宮殿)が増改築されて出来た歴史ある建物です。
モナリザ」や「民衆を導く自由の女神」など多くの名画がオルセー美術館と同様に展示されています。


スポンサーリンク

広告を非表示にする