読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRA-TRE

世界の絶景、世界遺産、人気海外旅行先、テクノロジー、トレンドなど幅広く紹介しています。

多くの人が歴訪する美女の多い親日国!!ポーランドに行くなら必ず行きたい観光名所10選

ワルシャワ歴史地区 / ワルシャワ

image
photo by www.poland.travel

ポーランドの首都ワルシャワの中でも最も古い「ワルシャワ歴史地区」は、世界遺産に登録されました。第二次世界対戦の影響で多くの建物が崩壊してしまいましたが、綺麗に復元されています。






ショパン博物館 / ワルシャワ

image
(C)haase.chrissi

ワルシャワ出身の音楽家ショパンにまつわる作品や音源、家具や愛用していたピアノが展示され、ショパン好きなら訪れておきたい観光名所です。

バルバカン / ワルシャワ

image
(C)Jacek Kadaj

ワルシャワの旧市街にある赤レンガ造りの円形状の砦である「バルバカン」は、世界遺産ワルシャワ歴史地区」の一部として世界遺産に登録されています。15世紀から16世紀にかけて造られ、火薬庫や牢獄として使われていました。

image
(C)toxibln



アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所 / オシフィエンチム

image
(C)Keith Baker

ナチスヒトラーによって迫害されたユダヤ人強制収容所である「アウシュヴィッツ=ビルケナウ」は、広島の原爆ドームと同じく負の遺産として世界遺産に登録されています。

image
(C)ged dev


ヴァヴェル大聖堂 / クラクフ

image
(C)Mattia Panciroli

ポーランドの古都クラクフにあるカトリック教会の大聖堂である「ヴァヴェル大聖堂」には、ポーランド史に名を残す英雄や歴代国王などが埋葬されているポーランド人にとって重要な聖堂です。


聖マリア教会 / クラクフ

image
(C)Nico Trinkhaus

クラクフで最も美しい教会と称された世界遺産「聖マリア教会」は、ポーランド屈指の観光スポットです。中央正面のヴィオレットストウオシ聖壇はポーランドの国宝に指定されています。かつてモンゴル帝国クラクフを攻め入った時、この教会の窓からラッパを吹き危険を知らせたが、ラッパを吹き終わらないうちに殺されてしまったという悲しい出来事があり、現在もこの戦禍を悼み毎時刻に4つの窓からラッパが吹かれ、そのラッパは死者を偲んでメロディは途中で終わることになっています。



image
(C)Ian Carruthers


中央市場広場 / クラクフ

image
(C)josh jones


マルボルク城 / マルボルク

image
(C)Rosmarie Wirz


ヴィエリチカ岩塩坑 / ヴィエリチカ

image
(C)Steve Thompson


ルブリンの街並み / ルブリン

image
(C)Adam Smok


image
(C)ppablo12355


スポンサーリンク

広告を非表示にする